米坂線にのって

11月21日

たっくんと一緒に配達。フォルケのある大石沢は雪だったが、小国の町まで来るとみぞれから雨に。

米沢の町から日本海側の坂町までを結ぶローカル線が米坂線。この米坂線に全線乗ってみると、ここ小国がいかに雪の多いところかがわかります。新潟の海沿いは意外に雪は少なく、また山形側の盆地、たとえば山形市などはそんなに雪が多くない(南国に比べれば多いですが)のです。(米沢はそれよりは多いですが)

その、雪の極端に多い小国の中でも、ここ叶水地区は特別に雪深い場所で、かつて鈴木弼美先生(偉人にして超常識人・独立学園の創設者)が、学校を作るためにこの場所を選んだ理由というのが、米坂線に乗るとよくわかる気がします。

そしてそこよりさらに雪深い大石沢にフォルケはあります。
いよいよいつもより早い雪のシーズンが始まりました。川崎吉巳君(スタッフ)の除雪車が今年はもう出動しました。

まだ写真を撮るチャンスがないのですが、この冬のいつか、雪の中を走る米坂線を撮って、ここにも紹介したいと思っています。

f0069883_10111946.jpg

犬は喜び、人は???   サンのサン歩

******
キリスト教講演会
『クリスマス・言葉と音楽の集い』

プログラム  講  演 : 小館美彦 「真実とは何か」
       合  唱 : 基督教独立学園卒業生ほか有志
       講  演 : 武義和 「いてくれてありがとう」
       講  演 : 武祐一郎 「福音信仰による奇跡」

 日時 11月23日(金、祭日) 14:00~17:00(受付開始13:00)
 場所 エデン教会(墨田区石原1-12-5) (Tel.03-3829-6400)
       (JR両国駅西口より徒歩10分、都営大江戸線両国駅A2出口より徒歩5分)
 会費 無料(自由献金)
 講師紹介  武祐一郎:1925年生まれ。基督教独立学園理事長。
       武 義和:1954年生まれ。「小国フォルケホイスコーレ」代表
       小館美彦:1964年生まれ。財団法人登戸学寮寮長。

     問合せ先:小館氏伝道支援会 八尾 徹(045-881-0881,tyao@nifty.com)
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-22 08:09
<< 根雪かな やぎ >>