ひとりの歌

1月7日

年末から正月にかけて、冬眠のクマのようにコモって書いていた曲が一応完成し、旅立ってゆこうとしている。

ひとりの歌      きむら いずみ

小さな光寄せ合って
地球は輝き続けて来た
たとえほのかな光でも
欠けてはならない輝き

世界中を光で満たそう
平和と自由のために
震えるほどの勇気を出して
その中のひとりだと言おう


小さな命繋がり合って
地球の歴史は続いて来た
たとえ名も無き一人でも
今を生きてる ひとり

世界中を愛で満たそう
平和と自由のために
震えるほどの勇気を出して
その中のひとりだと言おう


未だ見ぬ恋人 子どもたち
未だ見ぬあこがれ 青い空
たとえ名も無き一人でも
未来をつくる ひとり

世界中を光で満たそう
平和と自由のために
震えるほどの勇気を出して
その中のひとりだと言おう

世界中を愛で満たそう
平和と自由のために
震えるほどの勇気を出して
その中のひとりだと言おう

震えるほどの勇気を出して
その中のひとりだと・・・





@::
昨年のお正月は、もう2メートル近い積雪だったのに、
今年の小国は、まだ数センチとか。
びっくりポン。
by oguni-folke | 2016-01-07 23:44
<< コカリナコンサート 新しい年へ >>