人気ブログランキング |

もくせい

f0069883_6133460.jpg

実家の近くの小さな路地を曲がると、どこからともなく漂ってくる懐かしいこのにおい、そういえば私が子どもの頃に住んでいた静岡の家の庭に、この木があったっけな  

 もくせい

  もくせいがにほふよ。
  となりからにほふよ。
  ひとりでゐればにほふよ。
  たかむらにこもるよ。
  月の光がみちたよ。  
           ---北原白秋


***
13日

土浦めぐみ教会の礼拝に出席。この日は森学デー。
昨年の4月にスタートした小さなフリースクールが、1年半の間守られて来たことに感謝をしつつ、支援してくださっている教会の人たちへ、感謝を込めて子どもたちの発表がありました。

「きみの手ときみの手」「あい」「主はわたしの歌」
どの曲も生き生きとのびのびとしていて、清んだこどもたちの心が伝わってきて、とてもよかったです。わたしもギターで1曲参加をさせてもらいました。

この中の一人の少年が(ここにも来たことがある)、なんとウイーン少年合唱団に入ることになり、今週末からあちらへ行ってしまうのが、うれしいようなさびしいような。

14日

午前中は千葉のみなさんと歌の会、前回は台風で中止になったのですが、今回はスキッと晴れわたり、12月の発表に向けての練習でした。みなさん歌いたくてしかたがない方々ばかり、2時間があっという間にすぎて、楽しいたのしい時間でした。

午後は大久保に移動、中央合唱団ほかの皆さんとの2回目の練習でした。こちらは11月23日新宿文化センターでの演奏会に向けての練習です。歌、いいですよ。11月の本番は、つくばの森の学園のこどもたちも一緒に歌います。大久保の子どもたちも、、、。

よるは大宮に移動し、夜の打ち合わせ会をOさんSさんと3人で。これも楽しかったなあ。それぞれ熱い思いがあるので、熱い夜でした。

15日

大久保のうたごえ本部でささやかなお手伝い。念願の部活にも参加し、ここでも居心地が良かったのですが、、、「嵐を呼ぶ男」と誰かがこそっと言っていましたが、台風に好かれたのか、ここに来るとなぜか台風が寄ってくるんですね。誰にもいわずに追いつかれないように、低気圧に乗って北へ無事に帰りつきました。

今回もお世話になった皆みな様、本当にありがとうございました。
by oguni-folke | 2013-10-16 06:13
<< 鈴木校長とアンパンマン うたごえ大阪祭典 >>