とほほの自分と

10月31日

山梨県石和温泉に来ています。今日はこれから、3年ぶりに山梨英和大学の一年生のみなさんと歌い、そして話します。タイトルは、「とほほの自分とかけがえのない私」
宗教の時間(半日修養会)としては、中島みゆきも登場する、かなり破天荒な内容になりそうで、果たしてどうなりますか、、、。たったひとりでも、心に届いてくれるといいな。
フォルケ生と話すときと、気持ちは同じです。

**
11月1日

無事に(と思っているのは私だけ?)お役目を終えました。終了後、学生さんたちからたくさんメッセージをいただき、うれしかったです。話の中で女川のことに触れたのですが、「僕石巻出身です」という学生さんがいてびっくり。さらに聞くと「わたのは」だということ、、もっとびっくり。わたのは地区こそ、小国の支援隊が継続して物資を送り続け、炊き出しにも何回もいったところなのです。このブログにも何度も登場しました。(私も5、6回行きました)彼は渡波にある「水産高校」の高校生だったとのこと。

彼はとても前向きに、学生生活を送っている様子でしたが、昨年度、震災後の5月から入学した別の学生さんは、夏休みに帰省した時に、その現実を見て、「今は俺だけが学生生活を送っているときじゃない」と自らやめていったと、先生からあとで聞きました。

同じように、学びたくても経済的な面も含め、進学を断念している若者がかなりいるはず、いろいろとかんがえさせられました。
[PR]
by oguni-folke | 2012-10-31 08:42
<< 大阪へ ふるさと祭り >>