<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

希望

「私は失望したとき、歴史全体を通していつも真理と愛が勝利をした
ことを思い出す。暴君や殺戮者はそのときには無敵に見えるが、最終
的には滅びてしまう。どんなときも、私はそれを思うのだ」

マハトマ・ガンジー

***
厚い雪のどこからか春の気配が漂い始め、別れの季節が近づいている。
3年生との授業のカウントダウンが始まり、彼らと紡ぎだす
小さな音のかけらをもいとおしい。
[PR]
by oguni-folke | 2015-02-24 14:42

記念の日に

2月17日

今年最初のららら合唱団の歌会でした。

雪は小康ですが路面は凍結寸前、それでもその中を
車で40分はかかる小国町の秘境(ここもそうか)
小玉川からの参加者もいて、こころは熱く燃えました。
みんな歌うことが大好きな仲間たち。

12月に生まれたいつき君が2人のお兄ちゃんと一緒に途中から登場。
すぐにみんなで「ハッピーバースデー」

華子先生が亡くなってこの日で3年、父が亡くなってちょうど一ヶ月
私の人生にうたを教えてくれた先生と、うたが大好きだった父のことを
思い出しながら。
[PR]
by oguni-folke | 2015-02-18 06:21

伊藤真さんの講演会

今日(16日)午後1時半より、独立学園で高校生に向けて、
伊藤真さんの講演があります。

毎年のように、こんな遠くまでいらしてくださる伊藤さん、
まさに時の人であり、きっとお忙しいのにもかかわらず頭が下がります。

今からでも間に合います。近隣の方ぜひ!私ももちろん。

♪ ♪

憲法の話、聞いてきました。いつものようにわかりやすくて、
こころの底の部分に響き渡るような、胸が熱くなる話でした。
ゆっくり反芻して、私も私なりに伝えていかなくては。
[PR]
by oguni-folke | 2015-02-16 09:36

あのころ

f0069883_9214388.jpg

フォルケ・アーカイブ
2006年冬

**
「携帯は圏外、最寄のコンビニまで歩けば3時間半・積雪4メートル」これを売りにしていたのに、その一角が崩れることになった。

いつも旅のときだけ使っていた携帯電話を、事情でauからdocomoに切り替えた。いつでもつながることになったが、ほんとうはあまりつながりたくはない。ここは別世界であり続けたい。でもしかたがない。

ということで、携帯電話の番号はかわりませんが、メールアドレスは代わることになりました。一応はヒミツ。通常はこれまでどおりの固定電話・パソコンメールでお願いします。

まだ残り2つの「売り」は健在!
積雪は4mに限りなく近づいているし、コンビニは相変わらず、限りなく遠い。
[PR]
by oguni-folke | 2015-02-11 09:22

今年もまた

f0069883_538658.jpg


しばらく、冬晴れ続く埼玉・つくば方面に旅をして、帰ってみるとこの風景

今年もまた大雪の冬となりました。

昨日9日朝で、小国町ホームページの記録によれば、ここ叶水地区は320センチの積雪
私の住む大石沢地区はおよそその1割増しですから、350は超えている感じです。

こんなときは、いつも除雪を請け負ってくれている親友・川崎君に助けてもらい、後はじっと耐えて過ごすしかありません。この写真で、子ろばの家を見ることができるのは、彼が除雪機で雪を飛ばし続けてくれるからです。

春よこい!
[PR]
by oguni-folke | 2015-02-10 05:44

過去に目を閉ざすものは

現在にも盲目となる

先週亡くなったワイツゼッカー(元ドイツ大統領)のことば

***
貧困や大国の横暴、武力による弾圧、憎しみや報復の連鎖、
「イスラム国」を生むこれらの土壌を平和の鋤で耕さない限り、
今回のような悲惨なできごとは必ず続く。

後藤さんが心に刻んでいたであろう次のことばに、私も耳を傾けたい。

「あなた方も聞いている通り、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。
しかし、私は言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。」
[PR]
by oguni-folke | 2015-02-03 09:08