<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

かなり生きているぞ

 痛みを感じるのは 生きているから
 悩みがあるのは 生きているから
 傷つくのは 生きているから
 私は今 かなり 生きているぞ

星野 富弘

***
つかの間の雪晴れ
美しい年末の朝です

今朝の外気温たぶん氷点下10度くらいか
凍った窓越しに見る茂松山
f0069883_921147.jpg


私もかなり生きているかな
[PR]
by oguni-folke | 2014-12-28 09:02

Merry Christmas!

【ある孤高の人の生涯】

 詩 Dr James Allan Francis 関根一夫訳

この人は、小さな村生まれた。
母親は貧しい田舎の人。
育ったところも、世には無名の小さな村。
そして30歳になるまで大工、石工として働いた。

その後3年間、巡回の説教者だった。
一冊の本も書いたことはなく
事務所も持たず、
結婚もせず、自分の家も持っていない。
大学にも行かず
生まれた所から300キロ以上は出たことがなく、
偉人には付き物の「業績」もなく
人への紹介状も持っていなかった。
あるものといえば、自分を見てもらうことだけ。

彼がまだ33歳の頃、この世の権力者たちは、この人に敵対し始め、世間
もそれに同調した。
この人は、自分の仲間に裏切られ、敵の手に渡され、ののしられ、引き
ずり回され、十字架に釘付けにさた。そしてその十字架は二人の犯罪人
の間に立てられた。
友だちはその場から逃げ去った。
十字架の上にさらし者にされ、まさに死につつある時、死刑執行人たち
は、地上における唯一の財産だった彼の上着をくじ引きして分け合って
いた。
息を引き取ると、その死体は十字架から降ろされ、借り物の墓に横たえ
られた。
ある友人からのせめてものはなむけだった。

この出来事から二千年の月日が流れた。
今日、この人は、人間の歴史の中心であり、前進する人類の先頭に立っ
ている。
今までに進軍したすべての軍隊、かつて開催されたすべての議会、かつ
てその権力を振るいながら統治したすべての王や権力者たちの影響力を
全部まとめてひとつにしても、人類への影響の大きさとその偉大さにつ
いては、この一人の気高い生涯には到底及ばないだろう。

※武注 原詩(英語)もあります。
[PR]
by oguni-folke | 2014-12-25 08:15

妖怪ウォッチ

20日

午前中は小国教会の白百合保育園のクリスマス。
「Happy Christmas」練習の成果は、どうだったのでしょうか?

夕方からは、子どもたちとの歌おう会、続けて大人のうたごえの会

元気一杯のこどもたちがたくさん集まって、
わたし「さあ、じゃみんな全員の歌える歌うたおうね」
こどもたち「うん!」
わたし「じゃ何がいいかな、たけさん何でも弾けるから!」
こどもたち「妖怪ウォッチ!!」
わたし「・・・・」
こどもたち「・・・」

しらんわそんなの
50年以上もの年齢の違いをしみじみと。

夜の部は、70年代、80年代の青春ソングを中心に
こちらは遅くまで盛り上がりました。

22日

大雪の中で独立学園の最大行事、クリスマスでした。

終了後私は自由の森の理事会へ、、、行く予定でしたが、
大雪で米坂線が大幅遅れ、やがて山形新幹線もストップ、、。
ということで、まだ出発前です。
明日はどうなることやら。積雪はもしかしたら2メートルにも。
[PR]
by oguni-folke | 2014-12-22 22:26

『 赤ちゃん 』 浜 文子

あわて者でもいい
泣き虫でもいい
手先が不器用でも
音痴でも かまわない

もちろん
人が振り向くほどの
美人である必要もない
とりたてて特技がなくても
高尚な趣味も
噂に上るほどの博識も不要

おまけに
学歴
職歴
賞罰
一切不問
そのままのあなたがいい
そのままのあなたが好き

赤ちゃんは そう言いたくて
あなたに両手を伸ばしてくる

**
三重県の愛農高校に行き、クリスマス礼拝でのメッセージをさせていただきました。
「大きな喜び(何の役にもたたないものが)」

無事につけるかどうか、吹雪の朝の出発でしたが、
豊かに時を過ごさせていただきました。58名の愛農高校生たち、ありがとう!
いい学校です。

大雪の名古屋で途中下車、行きに石黒真知子さん、帰りに妹、それぞれお話を。
もう雪はほとんどとけて。
[PR]
by oguni-folke | 2014-12-19 22:19

ひどい朝だけど

f0069883_8533333.jpg

大雪のひどい朝です。先が見えません。
土曜日からひたすら降り続く粉雪。
積雪は昨日一日で85センチとか。ゆうに1メートルは超えました。
150あるかも。
ちょっと下にスクロールして、10日ほど前の
同じ場所の写真と見比べてみてください。

f0069883_90144.jpg

ころばの家もこのとおり。

でもこの国を見渡すと、この大雪よりももっともっとひどい。
なんと言っても投票率の低さが悲しいですね。

でも、その中からでも希望を見つけ出して、冷たい雪の中をきっぱりと胸を張り、
歩いて行きましょう。

フォルケにつながるA君からは、うれしい情報が入っています。
きみの道を、自信をもって歩いて行ってください。
[PR]
by oguni-folke | 2014-12-15 08:58

ミニコンサートとキャロリング

毎年恒例、ららら合唱団のクリスマス・ミニコンサートのお知らせです。

本日18時 ショッピングセンター・アスモ
      センターコート

その後20時すぎより、独立学園生のキャロリング (フォルケ・子ロバの家)
[PR]
by oguni-folke | 2014-12-09 10:50

原発事故

11月末にウクライナで、原発事故が起きているようなのですが、
選挙中ということもあり、日本ではまったく報道されていません。

軽微な事故であることをウクライナ政府も強調しているようで、
そうであることを願いますが。
[PR]
by oguni-folke | 2014-12-09 05:55

J1昇格!

やりましたねー、モンテディオ山形。まさかまさかのJ1昇格です。

元サッカー少年としては、いつも気になってはいたのでしたが、最近はモンペディオ(山形のコミカルうたグループ)の方とばかり親しくしていて、、。

J1ではお払い箱(なんの役にたたない)になったような選手が、生き生きと活躍するのを見るのは嬉しいですね。そういえば、先日の朝礼、私の話のタイトルも「なんの役にもたたない」でした。
イエスが、「なんの役にもたたない」と思われた少年のお弁当の残りを使って5000人に食べさせた、という話より。
最初のクリスマスのできごとが、宗教家や金持ちにではなく、当時は差別され、人として認められていなかった「羊飼い」にまず最初に伝えられたことも、象徴的です。

同じ内容で19日、三重県の愛農学園のクリスマスで、お話をさせていただく予定です。

***
あれよあれよの間に雪がズンズンざくざく降り積もり、80センチを超える積雪となっています。
[PR]
by oguni-folke | 2014-12-07 20:42

いよいよ

とうとう雪が降り出しました。一夜で世界が変わる様をご紹介しましょう。
私の窓から
f0069883_79738.jpg

12月2日AM9時  まだちらほら

f0069883_794219.jpg

3日AM7時 除雪車も初出動
[PR]
by oguni-folke | 2014-12-03 07:10

文太さん逝く

自由の森学園がスタートして何年かした頃に、息子さんが生徒だったこともあって、菅原文太さんに理事長をお願いして、窮地を救っていただいたことがある。わたしは当時組合の代表だったので敵役でもあったはずなのに、なぜか戦った記憶はまったくなく、当時理事だった私の父も一緒に銀座の菅原事務所を訪ねて、学校の存続のためにあれこれ相談をしたことを思い出す。話のわかるいい人だった。

その息子さんも事故で早逝され、とうとう文太さんも亡くなられた。残された有機農業や反原発、平和へのバトンを、しっかり受け継ぎたい。
[PR]
by oguni-folke | 2014-12-01 21:46