<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

宴が終わり

杜の都で熱く繰り広げられたうたの祭典が終わり、集ったうた人たちは帰って行きました。宴は終わりましたが、こころの深いところで、ずっとまだ響いているうたがあります。まぶたの奥に、微笑んでいる顔があります。

いい宴でした。
帰ってみれば周りの風景は冬枯れのまま、なにも変わっていませんが、ほんのり、東の空が白みてきたような気もします。
[PR]
by oguni-folke | 2014-11-26 06:08 | Comments(2)

うたごえ祭典in宮城

昨夜は白百合保育園で、若いお父さんお母さんたちと歌の練習でした。
じょんれのんの「ハッピークリスマス」は、音が高いしなかなかの難曲で歌えるかな?との心配もなんのその、一回目にしてはいい歌になってきました。次回が楽しみです。

さて明日22日、いよいよ日本のうたごえ祭典in宮城が開幕です。全国から5000人近い人が集まって(もっとか?)の歌の祭典、私も3日とも参加です。天気もよさそう。
今回は初めて、叶水のららら合唱団から9名も。仙台のお近くの人、ぜひ聴きにいらしてください。

私は22、24日は日立システムズホール仙台(青年文化センター)、23日はゼビオアリーナ仙台(長町)にいます。
[PR]
by oguni-folke | 2014-11-21 08:32 | Comments(2)

ほんとうの争点・第一主題

人目をよそに

 春はいのちの花を飾り

 秋には深紅の炎と燃える

 あれら山ふかく

 寂莫に生きる木々の姿が

 いまは私になった

   丸山 薫


**
景気、などということばとは全く無縁な生活を、日本の中心とはかけ離れた山間の村で続けているので、責任あることはいえないのですが、

今の日本の本当の争点は、景気回復やアベノミクスの功罪ではなくて、
集団的自衛権や秘密法、原発・被災者支援なのではないのでしょうか?
主題は平和と自由の問題です。
景気の問題は第二主題です。

金持ちを続けるために戦争に続く冷たい道を行くのか、
たとえ貧しくても平和で自由な暖かい国で生きるのか。

金の亡者になるな!はっきりそういってくれる政治家、誰かいませんか?
[PR]
by oguni-folke | 2014-11-18 08:40 | Comments(0)

雪降る前に

f0069883_11474311.jpg

カモがしょってきたわけではありません。
雪が本格的に降る前に。冬篭りの準備です。
この後は大根も。
[PR]
by oguni-folke | 2014-11-17 11:49 | Comments(4)

白鷹山

といっても登山の話ではなくて、相撲の話。
同じ西置賜郡内・白鷹(しらたか)町出身の若いおすもうさん、白鷹(はくよう)山が、幕下の上位で調子がいい。来年には関取(十両以上)になる勢いだ。
特別に相撲ファンでもないけれど、同じ学区(せんせいたちが共通)の白鷹西中卒業生なので、ちょっと注目期待をしている。
**
クリスマス用の選曲に田村くんと岩崎くんがやってきて、昨日は一緒に昼食を。ペレットストーブが活動を始める。
アカペラ3曲に取り組むことに。岩崎君の家は開田高原(御嶽山のちかく)のすてきなパン屋さん。来年には行ってみたいな。
**
いよいよ今年のうたごえ祭典宮城が近づいてきた。今日もその練習に山形から4名が来る予定。
[PR]
by oguni-folke | 2014-11-16 06:27 | Comments(0)

初雪

f0069883_861172.jpg

                          ばらも寒そう
f0069883_884068.jpg

とうとうここにも

やってきました。
[PR]
by oguni-folke | 2014-11-15 08:09 | Comments(0)

クマ眠る

いよいよ冷たい雨が降り出し、雪の季節の序奏が。
今夜あたり第一楽章が始まりそうな気配、明日朝には初雪便りが聞けるかも。

昨日は珍しく来訪2件11名
夕方にはゆっくり歩き始めているAくんが伊藤さんと。いろいろお話をしました。

夜には、小国の白百合幼稚園の保護者のみなさんが、クリスマスのうちあわせで。
保護者といっても、20年ほど前の高校生時代に、わたしと一緒にうたった3人(小国に住む独立学園卒業生)が入っていたので、同窓会モードでもありましたが。
会議?の結果、「Happy Christmas」に決定。

授業は「どこまでも」(水野源三詞)
男声コーラスは「 Climbin' up the mountain」

一方、作曲の締切が同時多発に迫っていて、遅筆のわたしは熊のように、春まで冬眠したい心境
[PR]
by oguni-folke | 2014-11-13 08:11 | Comments(0)

同窓会

8日

独立学園関東地区の同窓会が、東京信濃町教会でありました。
今回の講師は北海道せたなの西川求さん。独立の卒業生で西川さんを知らない人は「もぐり」ですね。

とても良い話でした。私は16歳の時に西川農場に実習に行き、そこですっかり酪農に魅せられて、将来はきっと北海道で酪農をするぞ!と思ったものでしたが、あの少年の日の胸の高鳴りをどこかで思いだすような時間でした。今思えばあの時少年は、夢を追って開拓を始めていた若き西川さんに魅せられたのだろうと思います。

私は合唱の担当で、「ハッピーバースデー」や「主から受けし」、最後は恒例のハレルヤを参加者全員で、西川さんのゆったりした指揮で歌いました。

西川さんご夫妻を囲んで、19歳から75歳の卒業生が集っての2次会。こんな高校はほかに類を見ないでしょうね。
[PR]
by oguni-folke | 2014-11-09 00:21 | Comments(0)

九州へ

思いがけず3泊4日で九州に行ってきました。各地でひとと自然と歴史に出会えた、たぶん一生で一回きりの良いたびでした。

行けた理由→福岡西南学院での「ヨハネ受難曲」演奏会(安積道也指揮)に行く予定だったご夫妻が急にいけないなり、その代わりということだったのです。そんなことはめったにないのに、たまたま偶然、その4日間だけ私たち2人の予定が入っていなくて。感謝!
音楽会の後、帰りの飛行機まで3日間あって、それなら長崎に行こう!というわけで、、、。

長崎では、うたごえの田中さんに並々ならぬお世話になり、各地を車で案内していただいただけではなく、拙作「あい」を練習中の、女声合唱団「花の輪」の練習にも参加することができました。

f0069883_11285673.jpg
長崎平和公園
f0069883_11291181.jpg

通称軍艦島へ上陸
f0069883_11292855.jpg

有明海から普賢岳を望む
[PR]
by oguni-folke | 2014-11-06 11:30 | Comments(0)

山装う

f0069883_8272237.jpg


       私の部屋からの風景
[PR]
by oguni-folke | 2014-11-01 08:29 | Comments(2)