<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

北東北の旅・希望へのうた

11月23日の仙台での音楽会で、東北の皆さんで歌う「希望のうた」の練習に、青森、盛岡、秋田に行ってきました。その報告です。

23日

前日授業を終えたその足で新幹線で青森へ。23日、午前中に練習会があり、午後には県の合唱発表会、そして最後は南相馬市長の講演会でした。参加は青森、弘前、八戸の3つの合唱団。男性が多く、全体に団員も増えているとか。それぞれに力強い、歌いこまれた良い演奏でした。

27日

あさ山形で木村さんと合流し、車で盛岡へ。こっち方面に車で行くのは、フォルケの修学旅行以来。昼過ぎには盛岡に着き、冷麺を食べようと探しましたが見つからず、汗をかきかき辛いラーメンを2人で。

ここは視覚障がいのかた数人も含め、30名ほどの参加。「希望のうた」だけではなく、希い3章と4章も歌いました。初めてお目にかかる人もたくさん。終わった後のお茶タイムも楽しかったです。

終了後夕暮れの岩手山を眺めながら秋田へ。夜は秋田合唱団の皆さんとの懇親会でした。秋田の海の幸たらふく。麦だけではなく秋田米のジュースも。

28日

出番は午後からなので、木村さんと一緒に1時間ほどの土田牧場へ。好天の日曜とあって、お客さんがたくさんでした。大歓迎をうけて、蒔子ちゃん(5歳)、太陽君、智子ちゃんの3人の子どもたちともちょっと遊び、1時間ほどでしたがほんとうに楽しいときでした。

土田若夫妻は独立学園の同級生(45期生)私が最後に担任をしたクラスのメンバーで、生きるを初演してくれた人たちです。来春卒業20年になります。いつかここで、みんなでコンサートができたらいいな。

秋田市に戻り、午後からは秋田県の合唱発表会。それぞれ持ち味溢れる5つのグループの発表を楽しく聴かせていただき、最後は1時間ほど希望のうたの練習会。木村さんもずっと一緒でした。

帰途、一路南下し山形へ。ちょうどうたごえ酒場の開催中で、そこにも乱入?し、「風とたんぽぽ」を歌いました。その後さらに90分走って、小国へは10時過ぎに無事到着

どこに行っても、この希望のうたを皆さん心を込めて歌ってくださっていて、そのたびに心がふるえる瞬間でした。それぞれの場所で、いつものように大変お世話になりました。ほんとうにありがとうございます。

11月に一緒に希望へのうたを歌いましょう!
[PR]
by oguni-folke | 2014-09-29 17:12

心のふるえる瞬間

今朝とどいたメッセージから。

放送禁止用語を多用して、政治や社会を痛烈に批判する笑いで人気を
博したアメリカのコメディアン、ジョージ・カーリン氏。
最愛の奥さんを亡くした際に、彼が牧師さんの説教を引用して友人に
送ったとされるメールを、紹介しましょう。

ちょっと長いですが、胸が熱くなりました。
東北巡業の報告はあとで。

訳はいつものように、関根一夫先生。

====== 以下訳文 ======

ビルは空高くなったが 
人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 
視野は狭くなり
お金を使ってはいるが 
得る物は少なく
たくさん物を買っているが 
楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 
家庭は小さくなり
より便利になったが 
時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても 
センスはなく
知識は増えたが 
決断することは少ない

専門家は大勢いるが 
問題は増えている
薬も増えたが 
健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 
笑うことは少なく
猛スピードで運転し 
すぐ怒り
夜更かしをしすぎて 
起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で 
テレビは長く見るが 
祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 
自分の価値は下がっている

喋りすぎるが 
愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 
人生を学んではいない
長生きするようになったが 
長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 
近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 
内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが 
より良いことはなしえていない

空気を浄化し 
魂を汚し
原子核を分裂させられるが 
偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 
待つことは覚えず

計画は増えたが 
成し遂げられていない

たくさん書いているが 
学びはせず
情報を手に入れ 
多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが 
人格は小さく
利益に没頭し 
人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに
家族の争いはたえず

レジャーは増えても 
楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても
栄養は少ない

夫婦でかせいでも 
離婚も増え
家は良くなったが 
家庭は壊れている

忘れないでほしい 
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい 
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 
1円たりともかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを
心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り 
その時間を慈しむことを

愛し 
話し 
あなたの心の中にある
かけがえのない思いを
分かち合おう

人生はどれだけ
呼吸をし続けるかで
決まるのではない

どれだけ
心のふるえる瞬間があるかだ

ジョージ・カーリン

.
[PR]
by oguni-folke | 2014-09-29 08:56

出会いの秋

食欲の秋とか、読書の秋とか、、まだまだいろいろな秋がありますが、この秋、私にとっては出会いの秋になりそうです。

昨夜の新潟の会では、スタッフのみなさんなどとは3年ぶりの再会でしたが、そんな時間を感じさせない暖かなひと時でした。いろいろお世話になりました。新曲へのご感想もありがとうございました。

たまたま他の用事でいらしていて、偶然お目にかかることができたのが、近江八幡の榎本恵さん!。
長く沖縄、伊江島で活動をされていた方で、最後まで聞いて下さり「沖縄で生きてきたものとして、ケサラは胸に迫りました」と。

10月に入ると、またまたビッグな出会いが。このブログにも書いた「やぎりん」さんが、この僻庵を訪ねてこられます。そのあとには、私が近江八幡へ。
その他、明日から始まる東北巡業?でも、数々の新しい出会いがありそうで楽しみです。
[PR]
by oguni-folke | 2014-09-21 12:15

新潟トーク&コンサート・ほかご案内

新潟でのトークコンサート、3年ぶりです。
これが最後になるかな?

9月20日(土)18時開場・30分開演

ところ 新潟市北区柳原・こまくさ保育園

入場無料 主催 こども支援ネットワーク・ライツ

生きる
ハッピーバースデー
はやくちことば・ほか
もしかしたら未発表最新曲も

***
希望のうた・練習会
9月23日10時~ 青森あうが

27日 盛岡 28日 秋田 
詳細はお問い合わせを

***
希い、あいなど歌う会 
10月4日午後  奈良市中部公民館

うたつくりワークショップ 
4日夜 京都西陣文化センター 

いのちの輝きコンサート
5日午後 京都こども文化会館(エンゼルハウス)

合唱講習会
13日 午後 埼玉市民会館うらわ
希望のうた、希い
[PR]
by oguni-folke | 2014-09-16 22:17

母なるヴォルガを下りて

f0069883_1643852.jpg
折り返し地点を迎えて3年生は大曲に挑戦、ロシア民謡「母なるヴォルガを下りて」混声8部合唱
今日はその2回目、パート練習のあと集まって最後の5分で初めて合わせる。

「この曲やばいっすね」バリトンのR君
みんな本気モードやるきまんまん

高校3年生がこの時期に、クラス全員でひたむきに合唱に打ち込んでいるなんて、すてきですね。
来月の小中学校での文化祭(26日)では、「ヒロシマのある国で」を全校で歌う予定。
[PR]
by oguni-folke | 2014-09-13 19:09

ティム・ミンチンのことばから

ティム・ミンチンは音楽家、作曲家、俳優、コメディアンとして
イギリスやオーストラリアで活躍している人です。
彼のことばから、ちょっと紹介。訳は関根先生。***以下はわたし

1) 大きな夢を持たなくても良い
夢ばかり追いかけ、あまりに大きな夢を追い求めることで人生のほと
んどの時間を使ってしまい、達成する前に高齢になってしまうかも知
れない。小さなことに目を止め、目先のことを丁寧に実行する人にな
りたい。小さな夢、身近な出来事に集中し、身近なところに光を見出
せる人になりたい

***
確かにそうだよなーと思うこのごろ。
その目先の小さなことすら、なかなか丁寧には実行できないでいる
のだけれど。
 

2) 幸福を求めない
自分の幸福ばかり求めても、それはすぐに失われてしまう。だから、
むしろ他者の幸せの手助けをすることのほうが良い。

***
求めない、というと誤解もありそうだが、これにもうなずく。
国と国の関係でも同じことがいえそう。

中略

7) 何を愛しているのか、明確にする
自分にとって大切な人、あるいは集団、内容を明確にし、褒めたり、
祝福のことばをメールしたり、意思表示すること。また自分にとって
大事な事柄については本気で知る努力をすること。

***
何を大切にして生きるか、時々とんでもないもの、
どうでもいいもののために私も生きているような気がする。

8) 弱者と考えられる人たちを大切にする
身体的、経済的、人種的な格差の中で弱者と考えられている人たちに
どれだけ優しく応対できるか、それが人格的な成熟度の尺度になる

***
まだまだわたしも、この国も未成熟だなと。

9) 急ぐな、焦るな、むしろ「満たせ」
ロマンチックな生き方をすること。ロマンチックな生き方とは、私た
ちは皆、やがて死ぬのだということを知り、それまでの間に悲しみや
喜び、幸運が詰まっていることを大事なことと考えつつ、その人生を
「学び、共感、愛、楽しみ、」などで満たすことに熱心になるという
生き方のこと。急がず、焦らず、むしろ丁寧に、満たすという姿勢で
生きること。

***
なかなかできないけれど、深く共感します。

映像はこちらで。ただし、英語

f0069883_1654354.jpg

       初あけび
[PR]
by oguni-folke | 2014-09-13 12:27

秋のひかりの中

f0069883_16225819.jpg

始めまして、新ヤギです。

f0069883_16252171.jpg

そばの花が満開

秋のひかりがあまりきれいなので、川崎農場まで写真とりに。
もう稲刈りが始まっていました。

毎年いただく独立学園の牛糞がじわじわと効いてきたのか、草まみれのフォルケ農場にも野菜が溢れています。特に豆が毎日かごに山盛り一杯取れるので、朝起きると体が豆になっているのではないかと思うほどこの2ヶ月、毎日豆を食べ続けています。

特にこの1週間はだだちゃ豆(枝豆)。実が膨らんできて、まさに食べごろ。
f0069883_17272074.jpg

一日でこの量、一人でどうやって食べるのだ!
[PR]
by oguni-folke | 2014-09-10 16:26

1000年先

千葉に行く直前に突然のように詩がとどき、この1週間はそのことで明け暮れた。
他の大切なしごともあったのに、こころがそのことに占められてしまった。(ごめんなさい)

その詩の中の一つの重要なことばが、「1000年先」を生きる、いとしい人たち。
50年先がせいぜいで、1000年先なんてこれまで考えたこともなかったのに、原発事故をきっかけに、その果てしないかなたの見えない未来への時間を、私たちは考えざるを得なくなった。放射性物質の半減期が云々、、。1000年先の人たちへ、私たちは何を残せるのだろう。

そして1週間、今日からは今日のことと明日のことを考えよう。

今日は仙台宮城学院で「希望のうた」の練習会。(他にも11月23日の大音楽会の練習)
この歌、11月には東北合同で歌われる予定で、下旬には青森、盛岡、秋田での練習会が組まれていて、作詞者の木村さんと一緒に私も回ります。
[PR]
by oguni-folke | 2014-09-07 05:27

広島応援

広島の友人、高田龍治さんよりの情報です。

**
広島の土砂災害で、安佐南区で活動をしているハミングバードという合唱団のメンバーのうち、10名の方が被災されました。
幸い全員無事でしたが、家をなくされた方が複数おられますし、住めない状況のもと、避難生活を余儀なくされている方もいらっしゃいます。

連日広島合唱団員をはじめうたごえ仲間が復旧ボランティアに駆けつけています。
とはいえ、ハミングバードの中にも「もう歌など歌っている場合ではない」「毎日現場を見ているとつらくてしょうがない」などの意見も出され、今後の活動に向けては青信号ではありません。

中略 

集まりを持ち、討議の中で数名現状でハミングの活動をするのはどうかという意見もありましたが、ほかのみんなは、今こそ歌の力でみんなで繋がって行こうという意見でした。

Yさんはハミングがなくなってしまうなんて考えられないと力強くいってくれました。とても前向きな意見が次から次に出されて力づけられました。

しかし、こんな時に歌っていいのかという意見もあったのは事実です。その人たちの気持ちも大切にしながらこれからも活動していかなくてはと思っています。次回の日時も決められ、やってよかったと心から思っています。みなさんありがとうございました。

以下略

***
ということで、私もさっそくささやかな応援をしましたが、以下のところで応援のお金を受け付けています。


郵貯銀行(ぱるる) 
口座名 広島のうたごえ協議会 記号15160 番号29020441

郵便局(払込取扱票)  
加入者名 広島のうたごえ協議会
口座番号 01390-4-109935

***
絶望の隣には、希望がそっと座っている。

                 やなせたかし
[PR]
by oguni-folke | 2014-09-05 17:07

千葉へ

千葉県の合唱創作交流会に日帰りで行って来ました。

朝6時にここを出れば10時過ぎには船橋の会場に着き、終了後11時にはまたここに帰れるのですから、新幹線は凄い!

相変わらず歌に点数をつけるのは苦手ですが、26団体もの歌を聴くのはなんたってうれしいことで、一日楽しませていただきました。お世話になりました。ありがとうございました。

今日の発見は、うまい合唱=心にひびくうた、ではないということ。うまいにこしたことはないですが、課題はあるけれど、点数にはならないけれど、心に残る発表もたくさんありました。

なんだかちょっとへんてこなんだけど、すごく好き!っていうのも。
[PR]
by oguni-folke | 2014-09-01 00:44