<   2013年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

にんじん

f0069883_172648100.jpg

プロの人には笑われそうですが、今年はにんじんがよくできました。形は悪いけれど、甘くてにんじんくさくて、昔にんじんは子どもたちの一番嫌いな野菜の代表でしたが、そのことが納得できるような、大人の味がします。

秋は収穫のとき。
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-31 17:29

歌のつばさに

27日 叶水学校と地区の文化祭&ふるさと祭り

小学生も、中学生も高校生も大人も、みんなそれぞれに発表をしました。
小中学生の歌がなんといっても一番よかった!

独立学園生は全校合唱で「ヒトへ」。楽器のアンサンブルは良かったけれど、歌のほうは今ひとつ思いが伝わらなかったか。

男女コーラス部は合同で「ヘイジュード」
ドラムのT君とサックスのN君がすばらしい。

ららら合唱団は新メンバーも一緒に3曲「love&peace」ほか。
練習の成果は?

ゲストは岐阜から、マウンテンマウンテンのみなさん。このグループの代表がここ出身のR君で、歌に演奏にエネルギッシュで良かったです。グランプリ!

そのほか、独立学園から初出場の「奇術部」これがよかった。とても不思議で鮮やかで、今回の新人王!

地域の劇団「こざっこ」の昔話も相変わらず楽しませてくれました。主役のお坊さんはTさん。この人、出てくるだけで面白い。存在感あります。酒宴男優賞。

28日

高校生と「あい」を歌い始めました。この歌、高校生はどう歌うのか。興味津々。

30日

山形県の音楽教育協議会の主催で、作曲家の冨澤裕さんをゲストに合唱講習会。(飯豊中学校)
f0069883_16294726.jpg

全校合唱を指導する冨澤さん 

ずいぶん勉強になりました。経験豊富な人の話を聞くのは大事ですね。

***
11月に入るといよいよ大阪での歌の会が始まるので、「つばさ」にのって、まもなく大阪に移動です。

**
それにしても、、、原発輸出とは、、呆然。
結局お金のためなら、何でもありなんですね。

「金や名誉や地位は、あるにこしたことはないが、それを目的にして他のもっと大事なものを失うのは馬鹿げている。」  筑紫哲也 
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-30 16:32

民主主義の危機

のんびりなめこなど取っている間にトンでもない法案が。
「特定秘密保護法案」

それなりに美しい衣は着ているが内側は危険そのもの、国民のための法律ではなく、国家権力側が自分たちの都合のよいように、という法律であり、まさに民主主義の崩壊につながりかねない。

この法律が通れば、「今の政府のやり方おかしいんじゃない?」ということが極端にいいにくくなり、たとえばテロとの関連と言われれば、原発の今の状況も闇の中に永遠に隠されてしまいかねないのだ。

私たちはだまされない。
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-25 21:17

なめこ

山の奥の、そのまた奥の一軒家に、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんの家のなめこの木が老齢化して、もう出なくなってしまったので、ご近所のTさんに、今年菌を打ったばかりのなめこの原木(ぶな)をゆずってもらうことにしました。
f0069883_15261627.jpg
おじいさんがそれを取りに森に入ってみると、、、





ありました!

f0069883_15162627.jpg

こんな太いのは持てないので、細いのを3本分けてもらい担いで帰りました。家ではおばあさんが、「来年の秋にはおいしいなめこがたくさん出るでしょう。」と、ニコニコ迎えてくれました。

おしまい

午前中は小学校に行き、全校合唱(9人ですが)の練習。「手をつないで歩こう」
夜は高校生と。日曜の文化祭で歌います。
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-25 15:21

森の学園小国へ

土浦めぐみ教会付属のフリースクール、森の学園のこどもたちが自然研修で小国に来ていますが、午後には独立学園の授業にも参加、澄んだうたごえを聞かせてくれました。f0069883_2285897.jpg

f0069883_22135813.jpg













その後私も一緒に、みんなで黒澤峠越え

余談ですがこの峠、英国の婦人イザベラバードが歩いたことは知っていましたが、他にもあの西郷吉之助(隆盛)新島襄なども歩いているそうです。考えてみれば街道なのだからあたり前ですね。

子どもたちも歴史を踏みしめながら歩きました。
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-21 22:10

最後の家族会

20日

今日はコロニーまつの実寮の家族会でした。
フォルケのスタートと同時に13年間お世話になったこの家族会も、私には今日が最後、今回も色々と考えさせられることが多かったです。

後見人制度の諸問題、火事など災害時の避難体制、被災地の施設が職員不足になり、そちらから移ってこられた利用者さんの課題(遠くてご家族も大変)etc

仕事とはいえ大変な現実も背負いながら、職員のみなさん、ほんとうによくやっているなあといつも頭が下がります。
***
21日がお隣のトクノおばちゃんの80歳の誕生日なので、一足早く夕方、おめでとうを伝えに行きました。
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-21 09:33

福島のこどもたちと

f0069883_21492034.jpg

第10回福島こどもプロジェクトin小国
刈り取りの終わった田んぼで思いっきり遊んだよ

f0069883_21503772.jpg

夜は独立学園の3年生との交流会
人形劇おもしろかったな

f0069883_21593583.jpg


f0069883_21522975.jpg

すてきな歌も

f0069883_21525880.jpg

さいごはみんなで記念撮影

ふぉるけまんは午後のプールと、夜の交流会の運転手として
今回は(第10回)5ファミリー、19人の参加でした。
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-19 21:53

この星が泣いている

村の文化祭での全校合唱にと、高校生たちと「ヒトへ」を歌っている。

その歌詞から

♪♪**
気付いている?ここに生きる すべていのちに意味があること
きづいている?この星が 傷つけないでと 泣いていることに

自由の森学園の合唱・ヒトへ
これだけでも泣ける

**♪♪

大震災と津波を経験した私たちは、大自然の力の想像を絶する大きさと人間の無力さを知らされ、謙遜にならねばとこころに刻んだはずなのに、今そのことはどこに行ってしまったのだろう。

「汚染水を完全にコントロール」できるはずなどないのだと、ほとんどの日本人、いや、ほとんどの世界中の人はすでに知っているのに。


高校生たちのこの歌は、胸の奥まで染みわたって響く。

文化祭は27日、叶水小中学校体育館にて
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-18 07:06

鈴木校長とアンパンマン

まだ私が山奥の高校生だった頃、深い雪の中をやなせたかしさんが訪ねてこられた。郵便局の会報のお仕事だったような気がする。

まだアンパンマンも「詩とメルヘン」も生まれる前で、こどもむけのテレビの番組に出ていたので私たち生徒はやなせさんを知っていたが、テレビのない独立学園の先生たちは、誰も知らなかったのだろう。
応対した鈴木校長は、やなせさんがお礼にサラさらっと書いてくださった色紙の絵をみて、独特の高い声でこう言ったといわれている。

「あなた、えごころがありますネエ」

鈴木先生に褒められたやなせさんはどんな顔をされたのだろう?
そのことばに応えられたのか、それからしばらくしてアンパンマンが生まれた。

アンパンマンと鈴木校長、今頃天国で再会しているかな?
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-17 06:20

もくせい

f0069883_6133460.jpg

実家の近くの小さな路地を曲がると、どこからともなく漂ってくる懐かしいこのにおい、そういえば私が子どもの頃に住んでいた静岡の家の庭に、この木があったっけな  

 もくせい

  もくせいがにほふよ。
  となりからにほふよ。
  ひとりでゐればにほふよ。
  たかむらにこもるよ。
  月の光がみちたよ。  
           ---北原白秋


***
13日

土浦めぐみ教会の礼拝に出席。この日は森学デー。
昨年の4月にスタートした小さなフリースクールが、1年半の間守られて来たことに感謝をしつつ、支援してくださっている教会の人たちへ、感謝を込めて子どもたちの発表がありました。

「きみの手ときみの手」「あい」「主はわたしの歌」
どの曲も生き生きとのびのびとしていて、清んだこどもたちの心が伝わってきて、とてもよかったです。わたしもギターで1曲参加をさせてもらいました。

この中の一人の少年が(ここにも来たことがある)、なんとウイーン少年合唱団に入ることになり、今週末からあちらへ行ってしまうのが、うれしいようなさびしいような。

14日

午前中は千葉のみなさんと歌の会、前回は台風で中止になったのですが、今回はスキッと晴れわたり、12月の発表に向けての練習でした。みなさん歌いたくてしかたがない方々ばかり、2時間があっという間にすぎて、楽しいたのしい時間でした。

午後は大久保に移動、中央合唱団ほかの皆さんとの2回目の練習でした。こちらは11月23日新宿文化センターでの演奏会に向けての練習です。歌、いいですよ。11月の本番は、つくばの森の学園のこどもたちも一緒に歌います。大久保の子どもたちも、、、。

よるは大宮に移動し、夜の打ち合わせ会をOさんSさんと3人で。これも楽しかったなあ。それぞれ熱い思いがあるので、熱い夜でした。

15日

大久保のうたごえ本部でささやかなお手伝い。念願の部活にも参加し、ここでも居心地が良かったのですが、、、「嵐を呼ぶ男」と誰かがこそっと言っていましたが、台風に好かれたのか、ここに来るとなぜか台風が寄ってくるんですね。誰にもいわずに追いつかれないように、低気圧に乗って北へ無事に帰りつきました。

今回もお世話になった皆みな様、本当にありがとうございました。
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-16 06:13