<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

婚礼

f0069883_109668.jpg


3月28日

叶水交流館で、川鍋真紀さん(フォルケ2期生)と川崎翔君(独立学園54期生、スタッフ川崎家の次男)の結婚式

神の思いは吾らの思いをはるかに超えて、(正確には、わが思いは、あなたがたの思いとは異なり、わが道は、あなたがたの道と異なっていると主は言われる。イザヤ書55章)という聖書のことばがあるが、ほんとうにそうだなあと思わされる。

山形南部教会の岡牧師の司式、他はすべて手作りの暖かい結婚式・祝会だった。真紀ちゃんがフォルケを初めて訪れたのは8年半前の中三の秋、その日に、今日のあることを誰が考えただろうか。

今は看護士さんになり、川西町の病院で働いている。2人の新居は、大石沢から胡桃平へ抜ける道の途中の小さな家を改造して住むことに。

f0069883_10192647.jpg
[PR]
by oguni-folke | 2009-03-31 10:22

3月の雪

f0069883_22375779.jpg


3月26日

思いがけず春の大雪 来年冬用のまきを切ったところへ。

***
23日
札幌から長男、米沢から次女が戻り、15ヶ月ぶりに家族5人がそろった。

24日
小国の今タクオ先生ほかジャズのメンバー、山大ジャズ研からも4人、小国の本間電子楽団のメンバー、それに友人達が子ロバの家に集まって、ジャズを中心に一晩楽しんだ。

f0069883_22411912.jpg


25日
東京から穴川葉子さん、去年の夏以来の来訪、27日まで

26日
2期生藍ちゃん、28日の結婚式のために来訪、こロバの家にも顔を見せてくれた。
夜には新郎となる川崎翔君と、新婦川鍋真紀ちゃんも打ち合わせに。
それはとてもおめでたい嬉しい話だが、この2人が結婚をすることになるとは、、。
結婚式は28日1時より、水源の郷交流館で。
[PR]
by oguni-folke | 2009-03-26 22:47

函館へ

3月19日~22日

函館に行ってきました。私の役割は、20日の「わいわいファミリー音楽祭」の出演と、21日、つくしの子保育園の卒園式の歌の練習でした。

出発前夜から私が体調を悪くし、色々とご迷惑もおかけしてしまいましたが,なんとか4日間、無事に終えて帰ってきました。
今回は2名のフォルケ生も同行し、函館を歩いたり、楽しんだり、音楽会に出たりしました。そちらも無事に終えてよかったです。お世話になったみなさんに感謝。

また後日、時間が取れれば詳細の報告をします。
[PR]
by oguni-folke | 2009-03-22 18:38

申告は深刻?

3月13日

朝の配達を終え、急いで確定申告の会場へ。自分でもよくわからない(苦笑)複雑な収入支出体系で、係の税務課のかたは今年も四苦八苦。(申し訳なし)

ようやくパスしてすぐに天童へ。
県主催の山形YYプロジェクト(若者支援)の会議に出席(天童青年の家)
からころのひとたちやWith優の白石君、山形ののぶ子先生などとお会いできた。「蔵王いこいの里」の岩川さんにも初めておめにかかった。

帰りにS君の家を訪問、しばらく次年度のことを相談。8時過ぎに帰宅。
[PR]
by oguni-folke | 2009-03-14 09:28

教えてください

非公開コメントに書いてくださったかたへ、どうやって返信したらよいのかわからないでいます。

大切な方たちからコメントが入っていて、ぜひお返事したいのですが、どなたかご教示ください。
また、最近コメントくださったAさん、Nさん、私のメールのほうへご連絡いただけますか?
(フォルケホームページの「問い合わせ」からはいってください。)

[PR]
by oguni-folke | 2009-03-13 09:02

修了感謝の会

何回かにわたって、修了感謝の会報告を。まずその1

3月7日

フォルケ9年目の修了感謝の会
S君、K君とそれぞれのご両親、スタッフ5人に石原麦・良地の2人の小学生も参加して

S君は6月から、K君は9月からの参加ということもあり、これで卒業・出発、というのではなく、次年度も参加の予定。次年度は例年より早く、4月後半~スタートの予定です。(雪がとても少なく、春が早いという理由もあり)


つづく
[PR]
by oguni-folke | 2009-03-12 05:27

前夜

3月5日 つづき

午後は石原牧人君の指導のもと、9期生の記念品ともなるジグソーパズルの枠(額縁?)を、栗の一枚板を掘って作った。完成品は子ロバの家に飾る予定。

6日 午前中は配達(私と)と、こめの発送作業(忍さんと)。
    K君は昨日から、むさし(川崎家の犬)の散歩も請け負ってやっている

夜、真理子や私も参加して、みんな協力してパズル(950ピース)完成!
いよいよ明日は、9期生の修了感謝の会
昼過ぎにはみんなで掃除や片付け作業をした。

来賓?として参加予定だった6,7期生のマッティ君・ジェッティ君、明日は残念ながら参加できず。
[PR]
by oguni-folke | 2009-03-06 23:20

納豆つくり

3月5日

スタッフの川崎吉巳君の指導のもと、皆で納豆つくりに挑戦。

まず
1 田を転作して作った大豆を選別(黒いものを取り除く)
2 圧力鍋で煮る
3 納豆菌もしくは市販の納豆をなん粒かを、f0069883_2371764.jpgそのゆでた大豆に混ぜる

















4 パックつめ
5 保温庫(冷蔵庫を改良してサーモスタットをつけたもの)にいれ、24時間40度で保つ。

f0069883_23105495.jpg




















6 取り出して冷やす
7 完成・いただきまーす
[PR]
by oguni-folke | 2009-03-06 23:10

ささやかな飢餓体験

飢餓体験などというにはまことにささやかで、本物の飢餓の中にいる方たちには申し訳ない気持ちもするが、私の体験からの報告を。

4年ぶりに腸の内視鏡検査を受けた。

 この検査、前日から食事制限があり、朝食、昼食とそれぞれレトルトのおかゆのようなものを食べる。それでもお吸い物がついたり、間食用のクッキーがひとかけらあったりしてそこまではまずまずなのだが、昼食を終え、夕食はなんだろうかなあと思って見てみると、お湯でとくポタージュスープが一袋のみ。ただでさえ空腹を我慢しているようなところで、夕食はこれだけと思ったときの絶望感(ちょっとおおげさだが)、仕事をする意欲のようなものがはっきりと減退するのを実感した。

 これが日常の国の人たちにとって、きっと体力と同時に気力がうせるのだろうなあ、ということとか、兵隊に行けば少しはうまいものが食えるとなれば、兵隊を志願する若者は多いだろうなあとか、色々と考えさせられた経験だった。

検査の結果はシロで、幸いでした。

明日(5日)納豆つくりをします。お近くのかたで希望の方、どうぞご参加ください。
[PR]
by oguni-folke | 2009-03-04 10:03

安心して行きなさい

2月26日~27日

甲府にある山梨英和高校の卒業礼拝に参加。40分ほど話をさせていただきました。
私のタイトルは「安心して行きなさい」

この時代にこのタイトル?、、と思われるかたのほうが普通でしょう。
もちろん私のことばではなく、2000年前にイエスの語ったことばの一つです。誰に語られたか。
悪い意味で町で評判の、おそらく娼婦の女にです。人々に軽蔑され、社会の片隅で悲しみの中に生きていたと思われる女性にこのことばは語られたのですが、今の私たちの心にも届く、希望のことばでもあります。

一昨年に亡くなったAさん、(2007年8月のブログ参照)
山梨英和中学の卒業生で、自由の森の高校では3年間私のクラスの生徒でもあった彼女のことを、ずっと考えながらの旅でした。

お世話になった学校のみなさん、ありがとうございました。

***
3月の予定

今週4日~7日で9年目の通常の歩みは終了です。今週は納豆つくりに挑戦(木)、土曜日には修了感謝の会を予定しています。

19日~21日
函館に行きます。20日午後の、ひのき屋主催の音楽会に参加予定。フォルケ生も同行予定。
[PR]
by oguni-folke | 2009-03-02 18:36