<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

予感

25日

コロニー希望が丘の「まつのみ寮」でコンサート。ここは重度の知的障がいのかたたちが住んでいる場所で、私も時々訪問するのだが、いつもは話したくてもあまり話せない人たちと、今日は音楽を通じて、ずいぶん楽しみ合えたような気がして嬉しかった。

いちばんうけたのが「幸せなら手をたたこう」
これはかなりの人がのりのりで、2回も歌ってしまった。

26日  1日冷たい雨  とうとう今年もこんな季節に

今日は叶水の小中学校PTAでの歌とお話の会「たいせつなきみへ」 

いつもはほとんど知らない人たちのところで話し、終わればたいてい二度と会うこともないことが普通なので、ある意味では気楽なのだが、地元というのは皆知っている顔で、私の悪いところや足りないところもみんなよくご存知、新鮮な緊張感があった。

この秋で叶水に初めて来て40年になる。初めてこの地に足を下ろした14歳のときに、不思議な感覚に襲われたことを思い出す。

「ここはたいせつな場所になる。」

そして40年、予感はあたって私にとって一番たいせつな場所になった。
そのたいせつな場所で、節目の秋に、ここに住む人たちと思いを共有できた気がして、意味の深い1日だった。
[PR]
by oguni-folke | 2008-09-26 18:23 | Comments(2)

ほうの木峠

f0069883_527349.jpg

ほうの木峠上から小国町を見下ろす。

23日

中国からの少年たちとの日本語教室のあと、畑でしその実取り。

9年前に小学校一年だった娘が持ち帰った3本のしその苗が、その後の畑の管理の悪さに助けられてどんどん増え、今では雑草同然、そのしそたちがちょうど柔らかな実をたくさんつけていて、ざる一杯の実が取れた。(これは塩漬けし冬の食卓へ。)

昼から4人でフォルケから車で20分ほどの「ほうの木峠」へ。

ここに来るといつも、小国町がいかに山ばかりかと痛感するのだが、その山で今異変が起きている。

「なら枯れ病」が急速な勢いで蔓延し、いまや山の何分の一か枯れてしまったような山もあるのだ。また後日その写真も紹介したい。

帰途、思いついて叶水の校長先生が建てた家、悠遊舎を訪ねた。
f0069883_5325335.jpg


















ちょうど休日、菅先生も仕事中で、われわれを歓迎していただき、コーヒーをご馳走に。
さすがに技術の先生、電柱と寄せ集めたもので、こんな素敵な家を建ててしまった。小国町の若い人たちの居場所(居酒屋?)にもなっているとか。
[PR]
by oguni-folke | 2008-09-25 05:37 | Comments(0)

秋冷の候

9月22日

秋冷、という言葉がぴったりの季節になってきた。栗のイガがあちこち道に落ちている。畑にびっしり植えていた枝豆が美味しくなり、毎日食べている。

今日から新しいメンバー、K君が参加をすることになり、掃除をしたり机を運んだり布団を出したり、昨日からその準備をする。フォルケの通常メンバーが2人になるのは3年ぶり。
これにたっくん、それから来週はさらに一人、体験宿泊の青年が来ることになり、中国の少年達も加わってフォルケもにぎやかになってきた。

今週の武の予定

26日 コロニー希望が丘で、「うたとお話」 芋煮会の盛り上げ役として。
27日 叶水学校PTAの講演会でうたとお話「たいせつなきみへ」
     地元で話すのは10年ぶり、楽しみだけれどやりにくいですね。
[PR]
by oguni-folke | 2008-09-22 21:49 | Comments(0)

汚染米

18日

1日山形市で、食品衛生についての講習会。主に食中毒について、いろいろと学んだ。汚染米が山形県にも入っているということで、保健所の担当者が忙しそうだった。

農水省までも深く関わっているようなまったくひどい話だが、これは氷山の一角なのだろう。一番汚染されているのは、儲かりさえすればよいという日本人のこころだ。

教員採用の闇の件も、どこの県だって似たようなことは続いていたわけで、今は息を潜めて成り行きを見守っている人たちがかなりいるだろう。

さて、それはさておき、今年も稲刈りが小国でも始まり、これまでどおりフォルケでは、汚染されていない美味しい米を販売します。新米は10月初旬にお届けできると思います。

これまでご購入いただいてきた方も、新たに購入いただける方も、どうぞご連絡ください。
電話では行き違いがあるので、メールかハガキでお申し込みください。一部がフォルケの活動資金になります。

19日

たっくんと配達のあと、フォルケしあたーで「ビューティフルマインド」を一緒に見た。映画は誰と見るか、でさまざまな顔を見せてくれるものだ。

20日

秋晴れ続く

新潟のEBBYさんが、フォルケの日本語教室応援のために息子さんと一緒に来訪、かつて日本語教師もされていたということで、そのときの貴重な教材を持ってきて、30分ほど実際に授業もしていただいた。ありがとうございました。とても参考になります。

午後はのぶ君と英語・数学の勉強
その後米沢へ。
[PR]
by oguni-folke | 2008-09-21 07:27 | Comments(0)

くるみ拾い

f0069883_5434795.jpg


9月17日

S君との配達を終え、午後からはフォルケから車で10分の大平峠に出かけました。

一番のお目あてはこの写真、あけびなのですが、まだちょっと早いので、こうやって見つけたアケビには「フォルケ先約済み」と札をぶら下げて(これは冗談)。

山のものは隔年に採れる、とよく言われますが、今年は豊作の番のようで、たくさんアケビを見つけました。今日の収穫は山胡桃。レジ袋に2杯拾って帰りました。これはS君の家にお土産。

ススキが穂を出して、山はすっかり秋です。わが茂松山と、後ろは飯豊連峰。

f0069883_546059.jpg

[PR]
by oguni-folke | 2008-09-18 05:46 | Comments(0)

最近のことなど

ここ3.4日の報告を。

9月13日

早朝出発して、赤湯駅に車を置き、新幹線~海峡線で函館へ。独立学園の卒業生、片桐拓君の結婚式に出席。おめでとう!
新婦の絵里さんはかつて、川崎小動物診療所で実習をされたこともある獣医さんで、フォルケを代表しての参加、という意味もあった。

新郎参加のバンドやボサノバ、それに男声合唱もあり、音楽のあふれた印象的な結婚式でした。若い友人たち、せたなの先輩たち、それに瀬棚フォルケの河村さんにもお会いすることができました。

仕事もたまっていたし、一生のうち1回ぐらいは挑戦するのもよかろうかと、式終了後、すぐにJRで小国へ。夜11時55分帰着、何とか北海道日帰りという快挙(暴挙?)達成。でも、、疲れました。。。。もう2度とできないでしょう。

14日

同じ大石沢の隣組の高井チサ子さんが、長い闘病の末、午後になくなり、夕方弔問に。まだまだ若く、初めて米つくりをしたときには、除草の仕方を実際に田んぼに入って教えていただいたり、盆踊りのうたは絶品でした。たいせつなこの地区の先輩が去り、寂しいです。

15日

牛乳の営業所が移転し、今朝は初めてそこから出発。ちいさなプレハブですが、川崎吉巳君がすっかり牛乳モードに改築してくれて、石原牧人君、川崎信君、須貝公一君など強力助っ人の協力で大きな冷蔵庫の移転も無事終了。みんなにお世話になっています。ありがとう。

午前中、米沢養護学校の金子さん来訪、一緒に昼食を食べながら、障がい児の教育のことなどなど、いろいろと教えていただきました。感謝。

そのあと、山形のプラットホームの滝口さん先週に引き続いて来訪。これから半年かけ、県内の居場所フリースクールなどを取材して冊子を作るとのこと、その打ち合わせで。期待しています。大変ですががんばってください。

そのあとは日本語教室、中国の2人の少年ともだんだん仲良くなってきて、何とか続けていけそうに。2人とも一生懸命です。私もすこしずつ中国語を勉強。

夕方は叶水学校の加藤郁子さん来訪、子供たちの作曲の打ちあわせなどなど。

16日

午前中、K君がお母さんと来訪。来週からフォルケに参加をすることになった。ウエルカム!お待ちしていますよ。

午後からはチサ子さんの告別式に参列。
[PR]
by oguni-folke | 2008-09-16 09:50 | Comments(0)

日本語教室

9月12日 

 叶水の学校の音楽授業の枠の中で、作曲の特別授業を3回ずつさせていただいている。
とても楽しい。小学校、中学校の教室に立つのは何十年ぶり?だろう。

 この地域にも中国からやってきた人たちがいて、ひょんなことから2人の少年に日本語を教えることになった。
 さて、この日本語教室、私にうまくできるのだろうか。どなたか良い教え方などご教示いただけるかたがいれば、ご連絡ください。フォルケ生のS君にもお手伝いをしてもらう予定。

しばし立ち止まっているY市の青年がフォルケに興味をもたれ、今度訪問をしてくださることになった。歓迎します。
ただ、当方連絡先がわからないのです。ご訪問の日時のことで連絡があるのですが、これを読んでいたらお電話をください。

***
私は明日早朝から函館に行きます。
[PR]
by oguni-folke | 2008-09-12 15:34 | Comments(1)

秋の青空に誘われて

f0069883_225459.jpg


9月9日

あんまり空が青いので、朝急に思い立って裏磐梯へ行ってきました。
山道を抜けていくと、ここ小国町の大石沢は案外会津地方と近いのです。

叶水小学校での特別授業のあと2人で出発。一時間とちょっとでラーメンの町喜多方に到着しました。1時を回っているというのに、いつもの坂内食堂は大賑わい。それでも何とか席を確保して、美味しいラーメン、いただきマース。

その後山道を30分ほど走り桧原湖に。9月の空も湖も美しい。木々の間から磐梯山と湖が見えます。湖畔に立つ火山の資料館を見学。1888年の大噴火の様子を見ることができます。

帰りは米沢白布温泉を経由して、5時にはフォルケ帰着。いい1日でした。

f0069883_22185563.jpg

[PR]
by oguni-folke | 2008-09-10 22:19 | Comments(2)

赤オクラ

9月6日

東京今井館でさんびとお話の会 今回のテーマは、私がここ2,3ヶ月考えさせられている「つながるということ」でした。暑い中ご参加くださった方、ありがとうございました。

3年間にわたって、この小さき器を用いていただきましたが、次回10月4日でいったん最終回とさせていただきます。ぜひご参加ください。

f0069883_15353875.jpg


前回の答えは、ごらんのように赤オクラでした。春先に川崎恵さんからいただいた苗が潅木のようになり、いまだに見事に花と実をつけています。
そのほかにも畑は今収穫の盛り。

7日

朝埼玉の実家を車で出発、高速で普通に走って、4時間ほどで小国に到着
すぐに叶水地区と小中学校の大運動会に参加しました。昨年の悪夢、、、ご存じない方は2007年の9月をクリック、、、が時々よみがえりますが、楽しい運動会でした。
[PR]
by oguni-folke | 2008-09-08 15:44 | Comments(0)

さて何の花でしょう?

f0069883_10413615.jpg


答えは明日。写真の下ほうに、ちょこっとヒントが。

9月前半の予定です。

6日  東京今井館 さんびとお話の会(無教会研修所・特別講座)ぜひご参加ください。
     一緒に歌いましょう。
7日  叶水地区大運動会(今年は私はもう走りません・苦笑)
13日 函館で片桐拓君結婚式に出席
[PR]
by oguni-folke | 2008-09-04 10:48 | Comments(2)