<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今憲法を学ぶこと

f0069883_6355581.jpg


1月29日

憲法の講演会に参加(独立学園にて) 聴けてよかった!
大活躍中の伊藤真さんのお話、文字だけでは伝わりにくいものも含めて、いろいろと学びの多かった講演だった。寒さの中だけれど、熱いものが伝わった。

その詳細は、私が忘れないためにも、これからここに報告をしていこうと思うが、あえて一口に言ってしまえば、フォルケのこれまで歩んできた道、めざしてきたもの、人間観などなどは、まさにわが日本国憲法の精神であったのだということ、そのことを確認した時間だったといえる。
[PR]
by oguni-folke | 2008-01-31 06:46 | Comments(2)

冬風景

f0069883_825753.jpg

1週間に一回だけバスが来る新股(あらまた)バス停 夏以来の登場
「あら、また?」など言わないでくださいね。

1週間に一度、来るだけでも前よりは良いのです。
「次のバスは春まできません」という時代も長かったのですから。


夏の風景
f0069883_8391752.jpg




















いいなあ夏は、、、(夏になると逆のことを考えるものですが)



冬の晴れ間の美しさに、疲れと寒さが和らぎます。
さるっぱなの晴れ姿
f0069883_828567.jpg

[PR]
by oguni-folke | 2008-01-29 08:31 | Comments(2)

雪また雪

f0069883_22222489.jpg
1月26日

この寒さの中、埼玉から父が出てきて、独立学園の理事長の仕事(校舎建築のこと)で昨夜から宿泊、今月は2回目で、また来週もとか。82歳の老体なのに。ご苦労様を通り越して、いのちが切れてしまうのではと、家族としては大いに心配である。

連日雪が降り続き、「温暖化だからそんなに降らないべ」などとたかをくくっていたら、トンでもないことになってきた。
26日も27日も雪堀にあけくれる。ここの積雪は2メートルを超えたようだ。やれやれである。
[PR]
by oguni-folke | 2008-01-27 22:18 | Comments(0)

信号は赤

1月25日

f0069883_2310546.jpg


信号は赤ですが、この吹雪では青になっても前に進めるかどうか?牛乳配達の途中で。

小国町は、東京23区全体よりもはるかに広い面積があるようですが、町全体で信号機は7機、うち一つは押しボタン式なので、実際は6機、そのうちの一つです。

そしてこの写真、モノクロの世界に色といえば信号の赤だけ、、、、。「シンドラーのリスト」だったかな?最後のシーンを思い出しました。
[PR]
by oguni-folke | 2008-01-25 23:20 | Comments(0)

冬の嵐

f0069883_21322042.jpg

1月24日
地吹雪のフォルケ周辺
f0069883_21453475.jpg


























f0069883_21332178.jpg



















ヒマラヤ・ヤラシャンポ峰世界初登頂

こんな日にふさわしいというべきか、
叶水学校で午後開かれた吉田岳サンの講演会を聞きに行きました。

6000メートルを超えるような高峰登山の生々しい、そして感動的な写真やお話を聞かせていただきました。独立学園の3年生も叶水の子ども達にまじって。
[PR]
by oguni-folke | 2008-01-24 21:38 | Comments(2)

3→10

1月22日

たっくんが今年初めて参加、真理子さんも一緒に午後から体育館トレーニング室で体育。その後フォルケに戻り、子ロバの家の周りの除雪を少し。今週は木曜までの滞在。

昨夜は叶水小中学校の教育を考える会があった。児童生徒減により、このまま推移すると3年後には中学が1学級になってしまうとか。そういえば8校ある小国町周辺の学校で、すでに中心部にある小国中に併合してしまったところもあり、叶水の廃校も時間の問題という見方もある。

でも、先のことはわからない。ここは小さいながらも魅力がたくさんある地域で、都会から移住してくる若い人もいて、そう悲観ばかりでもないだろうと思う。

今度中学を卒業する我が家の末娘の場合、小学校入学前の9年前にどういう状況だったかと言えば、同じ学年の子は娘以外は0人、一つ下の学年も0人、さらにその下がようやく2人という状況だったのだ。それが今、その3つの学年の総人数、つまり叶水中学の生徒数はなんと10名、この9年間で7名も増えたことになる。子どもの数が3倍以上にも増えた学校など、全国そうあるものではないだろう。一人だけだった娘の学年は今5人になっている。

農山村がおもしろい。自然環境は厳しいが、特にここはおもしろい。おもしろいだけではなく、豊かに生きられる場所だと思う。
このブログを読み、私も小国叶水地区に行って住みたい、という人の現れることを願っている。

あさってはその中の一人、中国の高峰に世界初登頂したここ大石沢に在住の吉田岳さんによる講演会「やらしゃんぽ初登頂」(叶水学校にて)
また来週には伊藤真さんによる憲法の講演会(独立学園にて)がある。
どちらも参加予定。
[PR]
by oguni-folke | 2008-01-22 21:03 | Comments(3)

牛乳屋の四季3

1月19日

凍てつく小国の町
f0069883_20421594.jpg



しばらく体験したことがなかったような寒い一週間で、パソコンのキーボードも凍ってしまい、このブログがかけませんでした。(本気にしたあなたはとってもいい人ですが、オレオレ詐欺に気をつけましょうね。)

除雪車が雪をかいたあとの道が凍りついていて、牛乳瓶を持ったまま大転倒、幸いびんも体も大丈夫でしたが、高齢者には危険の多い日々です。

積雪フォルケのまわりは150センチほどになっていると思います。
[PR]
by oguni-folke | 2008-01-19 20:52 | Comments(0)

さいず焼き2

夕方5時半点火

f0069883_1942491.jpg














f0069883_195289.jpg











正月のもちを焼く





f0069883_1991911.jpg
[PR]
by oguni-folke | 2008-01-14 19:07 | Comments(0)

さいず焼き

1月13日

吹雪、今冬一番の寒さのなかで、小正月の伝統行事・歳頭(さいず)焼きの準備

f0069883_15243848.jpg












f0069883_1525276.jpg

























宗教的には我が家はあまり関係がないのですが、集落の行事と言うことで、お手伝いとカメラマンとして参加。それにしても寒い。

点火は夕方5時 それは写真には撮れないかな。
[PR]
by oguni-folke | 2008-01-13 15:28 | Comments(0)

どこを見ても

f0069883_16142021.jpg


毎度雪景色ばかりですみませんが、今はどこを見てもこればかりで。

f0069883_1624331.jpg















今年はこの赤白ポールが、上まで埋まってしまうような日が来るのでしょうか?
通常フォルケのスタートは15日火曜日です。
[PR]
by oguni-folke | 2008-01-12 16:21 | Comments(0)