<   2007年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

あきらめさえしなければ

僕は僕を見ていた。
もう一人の僕は、人混みの中を、
涙を流しながら歩いていた。
彼は絶望の淵にあった。
その胸は、後悔で張り裂けそうになっていた。
そして彼はいま、死ぬことを考えていた。
僕は懸命に、彼に叫んだ。
死ぬな。あきらめるな。
あきらめさえしなければ、君はやり直せる。
かっこわるくても、未練がましくても、
あきらめさえしなければ、
君はきっと、僕になれる。

講談社 泣き虫しょったんの奇跡 瀬川晶司著 より

**
私の体験とも重なり合って、瀬川さんのこの気持ちがよくわかる。
でも今は、あきらめてもいい時もあるんだよな、とも思う。

***
29日

朝、まだ空気も凍っているような時間だったが、
たっくんが2台の車を洗車してくれた。
この季節、雪国の車はすぐにどろまみれになるので、
とても助かった。

午後は、由希子も一緒に、畑の雪の上に再び顔を
出した白菜と大根を収穫し保存した。

叶水学校の音楽室での夜の合唱の会は
予想以上に人が集まって盛り上がった。

自慢話になるけれど、人口400人弱のこんな山村に
合唱団があるなんて、すごいことだと思いませんか。

30日

我が娘M子の誕生日
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-30 22:33 | Comments(0)

大石沢

28日

夕方たっくんと大石沢を2人でウォーキング
「ここに住みたいなあ」というたっくん

ここは自然の美しさももちろんだが、この地域の持つ暖かさが、ここでの生活を居心地の良いものとしてくれている。

戦争前から鉱山があり、多いときには300人もの人が住んでいたということや、独立学園が80年近く前からあり、いつも100人近い「外からの人」がいるということが、閉鎖的になりがちな東北の山村を変えてきたのだと思う。
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-29 09:39 | Comments(0)

今年もあとわずか

11月27日

由希子が学期末休みで久し振りに帰省、夜には独立学園の仕事で父が宿泊。それでたっくんの参加は明日に変更。午前中は太久くんの歌のレッスン。

***
年内の予定

11月29日 叶水歌の会
12月1日  やまべ幼稚園、その後、しばらく立ち止まっている青年の家を訪問予定。
8日~9日 函館歌の会「らららで行こう」 近隣のかた、ご参加お待ちしています。
13日 叶水歌の会
12月の通常フォルケは20日までの予定。
24日夜・クリスマスイブの会 山形南部教会にて みなさんでクリスマス祝いましょう! 
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-27 23:20 | Comments(2)

飛泉寺の大銀杏

f0069883_21415626.jpg


かんぜんに水没した下叶水地区、後ろに茂松山や飯豊山も見える。

f0069883_21245979.jpg

満水の横川ダム、市野々の大銀杏の上から、すっかり水没した市野々集落を眺める左から
独立学園の鈴木校長夫人、桝本華子先生、それに我が隣人富田とくのさん。

f0069883_21452335.jpg




















11月26日






夕方、隣のとくのさんを乗せて、満水のダム湖を見にいった。満水状態を検査するためなのか、横川ダムではここ2ヶ月あまりずっと水をため続けてきたが、いよいよ今日満水となり、明日からは逆に放水をするのだという。

このあと満水状態になるのは、100年に1回の水害などの時だけだということで、珍しいその風景を見ようというわけだったのだが、ふるさとが水に沈むということが、どれだけ悲しいことなのかを、そして思い出の風景が水に沈むということが、暴力的ですらあるということを知らされる時でもあった。

有名な飛泉寺の大銀杏だけは写真左のように高台に移植したのだが、すっかり様子の違うこの初冬の風景を、どんな気持ちで見下ろしているのだろうか。
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-26 21:41 | Comments(1)

根雪かな

f0069883_76248.jpg

霧の朝・11月としては珍しい大雪 

東京での会を終え、24日夕方に戻りました。会には、このブログの読者や、フォルケを支えてくださっている方たちもたくさん集まってくださり、ありがとうございました。

また、事情で参加できなかった方のこともうかがっています。次の機会にお目にかかれることを、楽しみにしています。

帰ってみると、小国は雪にすっぽりと包まれていました。まだ畑には白菜や大根があるんだけどなあ。根雪になりませんように。

f0069883_783170.jpg
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-25 07:19 | Comments(0)

米坂線にのって

11月21日

たっくんと一緒に配達。フォルケのある大石沢は雪だったが、小国の町まで来るとみぞれから雨に。

米沢の町から日本海側の坂町までを結ぶローカル線が米坂線。この米坂線に全線乗ってみると、ここ小国がいかに雪の多いところかがわかります。新潟の海沿いは意外に雪は少なく、また山形側の盆地、たとえば山形市などはそんなに雪が多くない(南国に比べれば多いですが)のです。(米沢はそれよりは多いですが)

その、雪の極端に多い小国の中でも、ここ叶水地区は特別に雪深い場所で、かつて鈴木弼美先生(偉人にして超常識人・独立学園の創設者)が、学校を作るためにこの場所を選んだ理由というのが、米坂線に乗るとよくわかる気がします。

そしてそこよりさらに雪深い大石沢にフォルケはあります。
いよいよいつもより早い雪のシーズンが始まりました。川崎吉巳君(スタッフ)の除雪車が今年はもう出動しました。

まだ写真を撮るチャンスがないのですが、この冬のいつか、雪の中を走る米坂線を撮って、ここにも紹介したいと思っています。

f0069883_10111946.jpg

犬は喜び、人は???   サンのサン歩

******
キリスト教講演会
『クリスマス・言葉と音楽の集い』

プログラム  講  演 : 小館美彦 「真実とは何か」
       合  唱 : 基督教独立学園卒業生ほか有志
       講  演 : 武義和 「いてくれてありがとう」
       講  演 : 武祐一郎 「福音信仰による奇跡」

 日時 11月23日(金、祭日) 14:00~17:00(受付開始13:00)
 場所 エデン教会(墨田区石原1-12-5) (Tel.03-3829-6400)
       (JR両国駅西口より徒歩10分、都営大江戸線両国駅A2出口より徒歩5分)
 会費 無料(自由献金)
 講師紹介  武祐一郎:1925年生まれ。基督教独立学園理事長。
       武 義和:1954年生まれ。「小国フォルケホイスコーレ」代表
       小館美彦:1964年生まれ。財団法人登戸学寮寮長。

     問合せ先:小館氏伝道支援会 八尾 徹(045-881-0881,tyao@nifty.com)
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-22 08:09 | Comments(0)

やぎ

f0069883_2105354.jpg

新しいメンバーです。どうぞよろしく。
やさしい顔だなあ。
乳を搾って牛乳と一緒に販売しよう、というわけではなく、可愛いから飼っているのです。

11月20日

午前中はいい天気だったのに、午後から急に荒天に。たっくんとやぎを見に、川崎家の鶏小屋へ。最近やってきたやぎに会う。ここには平飼いの鶏のほかに、七面鳥とうさぎ、それにやぎが住んでいる。フリースクールでスタッフに獣医さんがいる(恵さん)のはいいですね。
やぎ君、どうやら私より、若いたっくんのほうがお気に入りのようだ。
f0069883_2151489.jpg

















その後大豆と小豆の殻むきを夕方まで、おしゃべりしながら。
フォルケ生定番の夕食の餃子まきも一緒にやった。
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-20 21:08 | Comments(0)

とうとう

f0069883_1695544.jpg


昨日から降り続いた雪は、19日昼で約15センチ。いよいよこの季節が来ました。
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-19 16:12 | Comments(2)

冬到来

11月18日

天気予報の通りに午後から雨がみぞれ、みぞれが雪に変わり、夜には子ロバの家もすっかり雪化粧です。積雪は5センチほど、まだまだ降りそう積もりそうです。

朝から妻と2人で3台の車のタイヤ交換など、冬への準備に明け暮れた一日でした。今週、木曜日まではフォルケは通常通りオープンします。

近いうちに庄内一日旅行か喜多方ラーメン紀行のどちらかをしたいなあと思っています。
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-18 21:58 | Comments(0)

神なき民の末路

11月17日

どこをみても
まいにちまいにち
うそうそばかりの
にほんれっとうは
いつから
うそつきれっとうになっちゃったの?

えどじだいのひとたちは
おてんとさまがみていると
わるいこころをたしなめた

おてんとさまでも
すいじんさまでも
ほとけさまでも

にほんじんはずっと
かみさまをたいせつに
してきたのではなかったの?

いつからかみさまを
わすれてしまったの?

わたしにうそが
ないってわけじゃないけれど

ゆうめいじゃなくても
かねもちじゃなくても

だまさないでいきる
しょうじきにいきるっていきかたが

もっとそんちょうされるといいな
[PR]
by oguni-folke | 2007-11-18 00:41 | Comments(0)