<   2006年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

雪の日のしくらめん

f0069883_2254789.jpg


フォルケ・子ロバの家のおおみそか



この一年も、この小さなフォルケが無事に続けられたことを、心から感謝します。たくさんのみなさんにお世話になりました。ありがとうございました。

新しい年、フォルケがどんなかたちになって続いていくのか見えない部分も多いですが、共感してくださる方々とともに、低く小さく歩んでいきたいと思っています。これからもどうぞご協力、ご支援を、お願いいたします。

今年最後の夜は、星夜になりました。

2006年12月31日 武 義和
[PR]
by oguni-folke | 2006-12-31 23:00

雪の木漏れ日

f0069883_0144838.jpg


2日間激しく雪が降り続き、また真っ白の世界に戻りました。それも午後には小康状態、お正月は大雪にはならないようです。

娘と息子が戻り、9ヶ月ぶりに家族が全員集合、つかの間のだんらんを楽しんでいます。

f0069883_0214769.jpg
[PR]
by oguni-folke | 2006-12-31 00:18

メリークリスマス!

どんな宗教の人にも、どんな国のひとにも、クリスマスの平和と希望が届きますように。

24日、山形と鶴岡でのそれぞれのクリスマスに参加し、無事に深夜帰宅しました。県をほぼ一周した感じでした。それぞれの場所で大変お世話になりました。ありがとうございました。

今日はその疲れが出たのかダウン寸前、でも夜になって復帰しました。午後、米沢の伊藤さん来訪、今後のフォルケのことについて、良い話をたくさんいただきました。感謝。詳細はまた後日に。

これからフォルケが再開する1月9日ころまで、毎日の更新はありませんが、日々考えている雑感、また美しい(恐ろしい)小国の自然の様子など、時折紹介していきますので、どうぞ時にはご訪問ください。

私は基本的にずっとここにいますので、ご相談や問い合わせはいつでも受け付けています。
[PR]
by oguni-folke | 2006-12-25 22:31

行間の重さ

12月23日

2007年はフォルケがスタートして、8年目になる。

多くの人たちに期待され応援されてきているのに、たいしたことをやってこなかったような気もするし、いやいや、それでもここを通り過ぎていった若い人たちの顔を一人一人思いおこせば、スタッフ(特に代表)はぼんくらでも、やっぱりこの7年の営みは、たいしたことだったのだとも思う。

いつもブログや通信を書きながら思うことは、フォルケの活動のいちばん大切な部分は、文字にはかけないことの中にこそあるのかもしれない、ということだ。

今週出会った1人の青年、今、死と生の境界線上で揺れ動く彼に、穏やかに生を喜ぶ日がくることを願わずにはいられない。(これを読んでくださっていると思います。またお会いしましょう。)

さて、フォルケの8年目、2007年の4月からのあり方を、今いろいろと思案しています。経済的なことや、われわれの容量も考えながら、どういう形がいちばん良いのか、良いお考えがあれば、お聞かせいただければうれしいです。

明日は朝山形南部教会 夜は鶴岡教会 それぞれのクリスマスに参加します。
[PR]
by oguni-folke | 2006-12-23 22:56

死刑囚島秋人さんの歌

この澄める こころあるとは 識らず来て 
刑死の明日に 迫る夜温し          

独立学園のクリスマス講演会に3人で参加
福田和子先生のお話で「死刑囚島秋人の生涯」

福田先生は高校生時代に島秋人の歌に出会い、本人に手紙を出し拘置所まで面会にも行って島さんと深い交流のあった方で、とても印象深いお話を聞くことができた。

33歳の彼が執行の前に祈った祈り(拘置所長のメモより)

願わくば、精薄や貧しき子らも疎まれず、幼きころよりこの人々に、正しき導きと神のみ恵が与えられ、わたくしごとき愚かな者の死の後は、死刑が廃されても、犯罪なき世の中がうち建てられますように。わたくしにもまして辛き立場にある人々の上にみ恵のあらんことを。主イエス・キリストのみ名により、アーメン。

残念ながら、彼の祈りがいまのところ実現しているとは私たちには思えないが、この祈りには胸を打たれる。

土近き 部屋に移され処刑待つ 
ひととき温き いのち愛しむ


昼には茶飯美で久し振りにお昼を食べ、フォルケは冬休みに入った。

****
今朝の大石沢 これでふきのとうがあれば春の風景

f0069883_2393164.jpg
 
[PR]
by oguni-folke | 2006-12-22 23:13

暖冬

12月21日

12月としては、暖かな日が続き、うれしいけれどちょっと不安にもなる。
下は昨年のちょうど今ごろ
今年はほとんど雪はなく、今のところ降る気配もない

f0069883_23193923.jpg



ついでに昨年のアルバムから そばうち体験

f0069883_23212117.jpg


















2006年の通常のフォルケが今夜は最後の晩餐(ご馳走はないが)。夕食の後、今年のフォルケ10大ニュースを皆であれこれと探した。力足らずを感じることは多かったが、重大な事件がおきたわけではなく、この一年も守られてきたことに感謝。

みなさんの応援やご支援を、こころから感謝いたします。
[PR]
by oguni-folke | 2006-12-21 23:29

新潟へ

12月20日

午後から今年最後のバドミントンをした後、Jettyと2人で新潟の駒沢さんの家に。

12名の参加で小さな集会を持ち、私も少しお話をさせていただいた。2人ともいろいろな出会いや再会があり、貴重な体験だった。深夜0時過ぎに小国に戻ったので、とりあえず報告のみ、続きはまた明日。
[PR]
by oguni-folke | 2006-12-21 00:22

いい湯だな

12月19日

ボイラーが急に不調になり、昨夜は風呂に入れなかったので、午後Jettyと隣町飯豊の温泉しらさぎ荘に。山形県の自治体はどこもスキー場と温泉施設はあるので、冬の楽しみはそれなりに充実している。すっかり2人でいい気分で帰ってみると、川崎吉巳君がボイラーを直してくれていて、本当に助かった。

朝、フォルケに何度も参加してくれたK君から明るい声で電話あり。
「生きているのが今楽しいんですよ。」
「それは良かったねえ。あんまりがんばりすぎないで、楽しんでね。」

f0069883_2143148.jpg
















あなたはどこにいるのか

聖書の創世記によれば、私たち人間に対する神からの最初の問いはこのことば、
「あなたはどこにいるのか」

先週から朝の会では、クリスマスに関する場所を学んでいるが、今朝はあえて一見クリスマスとは関係なさそうなこの箇所を読み、学んだ。
このことばは今も私たちに、そして私に投げかけられているとても大きな質問だと思う。

禁じられていたりんごを食べた2人は、謝るのではなく、いろいろと言い訳を考えて、責任を他の人になすりつけようとする。あくまで自分の非を認めようとしない、まさにここに傲慢な私たちの姿がある。
飛躍的な発想にはなるが、このできごとの中に、すでにクリスマスは始まっているともいえるのではないだろうか。

もっともくさくて暗くて寒いところで生まれたイエスは、これ以上ないような悲惨で苦しく、無力な死に方をした。そのかたの誕生が、本当におめでたいのか。
この一週間、このことに深く思いを巡らせたい。

私はどこにいるのか。
[PR]
by oguni-folke | 2006-12-19 19:03

18回目の冬

f0069883_2315039.jpg


12月18日

久しぶりの雪の朝
それでも昨年に比べればずいぶん雪は少ない。このまま正月まで降らないといいのだけれど。

山形県の中でも小国町は特別な豪雪地帯で、その中でもここ叶水地区の雪は深い。なにも好き好んで、と思われる人もいると思うし、あほやなあと自分で思うこともあったりするが、雪が全く降らない静岡で育った私は、小さいころから雪に対する憧れが強く、それがこの場所で暮らすことにつながっているということと、今はなにより、ここが好きなんでしょうね。

小国で迎える冬はこれで18回目となった。

夕方Jettyが戻り、最後の週が始まった。

このブログを書き始めて10ヶ月になった。ありがたきかな、今は毎日40名を超える人たちが訪ねて下さっている。文章はさておき、たくさんの方たちに支えていただいているフォルケ(と私)の活動の報告と、ここの美しい自然を紹介することを中心に、これからも続けていきたいが、最近は内容が少々過激に走ってきたようで、ある日ぷつんと終わってしまうのかもしれないと思うこともある。
[PR]
by oguni-folke | 2006-12-18 23:14

クリスマス週

12月17日

車で2時間以上もかけて、立ち止まっているお子さんのことで、ある町からご夫妻が訪ねてくださった。いつもながら、明快な正解があるわけではないが、お話をうかがい、一緒にあれこれと考えた2時間だった。私たちのところにある情報は、ほとんどすべてお伝えした。

悶々と部屋で布団をかぶっているその少年に、私たちが会える日が来るのかどうかわからないが、笑顔が一日も早く戻ることを祈らずにはいられない。

今週の予定

2006年フォルケの最後の週(クリスマス週です)

20日(水) 夜、新潟・駒沢さんの家庭集会にJettyと参加予定
22日(金) 独立学園のクリスマス礼拝と講演会(講師は福田和子さんで、死刑囚島秋人との         こと)にフォルケみんなで参加
23日(土) 米沢伝国のもりホールでのクリスマスイベントに参加
24日(日) 午前中 山形南部教会クリスマス礼拝に参加
        午後  新庄市でひきこもりのかたを訪問       
        夜    鶴岡教会のクリスマスイブのイベントに参加 鶴岡泊

のろウイルスがフォルケの近くまでやってきています。名前はのろでも感染は早い!
無事に今週も乗り切れますように。
       
[PR]
by oguni-folke | 2006-12-17 22:16