2 美ら(ちゅら)たま

辺野古にもほどちかい今帰仁村に、小さなお宿「美らたま」がある。普通の民家をそのまま宿にもしたもので、波の音が聞こえるほど海に近い。いつか行ってみたいとは思っていたけれど思いがけず実現した。

この宿の主は、6年ほど前に米沢の「からころセンター」でスタッフとして働いてくれていた内村珠子さん。当時フォルケにもきてくださったし、米沢でも一緒に活動をしたものだった。古いブログの記録を見ると必ず出てくるだろう。(ありました!2009年7月23日一緒にパン焼き)お母さんが米沢の方で、独立学園卒業生だったことも私とつながっている。

この宿を開いて6年ほどになるようだが、自由の森、独立学園、愛真高校など関係者もここを訪れている。彼女は以前伊江島の阿波根さんのところにいたこともあって、そちらとのつながりも深い。

宿泊は女性と家族に限ると言うことだったので、無理かなと思ったのだけれど、この夜は特別で、地元出身の方々が宿泊すると言うことで、ご厚意で特別に許可をもらって、私も仲間にいれていただけることになった。

那覇の中学の同級生だったというその方々が本当によい人たちで、夜が更けるまで、また翌朝も色々とお話をすることができた。生の沖縄の人たちの声を聞けたのがよかった。

つづく
[PR]
by oguni-folke | 2016-02-27 06:39 | Comments(0)
<< 5年 報告1 辺野古 >>