コカリナコンサート

1月16日17日

以前からの友人でもある黒坂黒太郎さんの、コカリナ20周年コンサート(芸術劇場)に行ってきました。
とり壊された国立競技場に立っていた木を使って作られたコカリナ(木の笛)も使っての、それはすてきなコンサートでした。

国立競技場は戦中には学徒出陣の場でもあって、その歴史も見続けた木が奏でる音でもあったわけです。

20年前にハンガリーから持ち帰った1つのコカリナが始まりで、いまや各地でたくさんの愛好家がいるそうで、美智子皇后もその一人。コンサートにもいらしていました。私はSPも興味深かったですが。

コンサートで太鼓を叩いていたのが、自森の卒業生でもある黒坂周吾さん。私が教員だった頃の生徒でもありました。今は京都を本拠にプロのミュージシャンとして活躍中です。
[PR]
by oguni-folke | 2016-01-17 06:16
<< 再出発 ひとりの歌 >>