老年も荒野をめざす

60年代の終り、私の中学校時代は、フォークソング全盛時代で(グループサウンズ全盛ともいえるけれど)、ギターを弾いて歌を作ることを私が始めたのもこの頃だった。

私が一番影響をうけたのはフォーククルセダースで、前にも書いたかも知れないが、彼らの歌っていた「イムジン河」は(発売禁止となり)、私が「歌」に目覚めるきっかけともなった。このグループはすぐにぱっと解散してしまったが、最後のシングルで「青年は荒野をめざす」という歌がある。(1968年12月5日発売・私の中三の冬)
東京の中学での親しかった友だちや、備えられた道を離れて、一人山形に行こうとしていた私の心にぴったりの歌となった。荒野をめざして一人行くんだ!と舞い上がっていた15の私。後にこの話をすると、山形の友人たちは「ここは荒野か!」と憤慨するが、当時の私にとって、やはり行き先は「荒野」でなければならなかったのだろう。
余談だが、あとからグループに加わったメンバーの一人、はしだのりひこは、中学時代から京都の世光教会に出入りしていて、牧師のちいろば先生(榎本保郎先生)ご夫妻にもずいぶん可愛がられたらしい。後に売れっ子になったころ、今治に移った先生の教会を訪ねて歌ってくれたと、奥さま(和子さん)より昨年うかがった。
 それから45年以上の時がたって、荒野は今は山形の当時の僻村ではもちろんなく、ネパールでもアフリカでもなく、むしろこの日本人のこころの中にあるように思えてならない。
 60歳を超え、「(老年は)好爺をめざす」ような年齢になってしまったが、いやいやまだ余力があるのだから、あのころのように、荒野をめざしたいと思っている。
[PR]
by oguni-folke | 2015-07-06 09:29
<< そのような人に 緊急の呼びかけ >>