森の学園小国へ

土浦めぐみ教会付属のフリースクール、森の学園のこどもたちが自然研修で小国に来ていますが、午後には独立学園の授業にも参加、澄んだうたごえを聞かせてくれました。f0069883_2285897.jpg

f0069883_22135813.jpg













その後私も一緒に、みんなで黒澤峠越え

余談ですがこの峠、英国の婦人イザベラバードが歩いたことは知っていましたが、他にもあの西郷吉之助(隆盛)新島襄なども歩いているそうです。考えてみれば街道なのだからあたり前ですね。

子どもたちも歴史を踏みしめながら歩きました。
[PR]
by oguni-folke | 2013-10-21 22:10 | Comments(2)
Commented by シズコ at 2013-10-24 08:46 x
イザベラ・バードの「 日本奥地紀行 (東洋文庫) [単行本]」は、20代の頃非常に興味があって、南陽のハイジアパークに行ったとき、ちょうど東洋文庫があったので、当時の私には高い書物でしたが買って読みました。上山に来た時の記述などは面白いですよね。去年かな?BSでイザベラバードの特集を組んでましたね。やっぱりこの道、新島襄さんも通ったんですか?日曜日の八重の桜見て、「東北にも私学を作りたい」って言ってたんで「独立学園にも関係無かったのかしらん?」と思っていたのですが、実際はどうなんでしょうね?
Commented by ふぉるけまん at 2013-10-24 22:37 x
独立学園と新島襄ですか。
明治のせまいキリスト教の世界ですから、きっとつながりはたくさんあると思います。間接的に新島の願いは独立学園にも流れていると思います。内村鑑三が独立学園の創始者のようなものですから、熊本バンドよりも札幌バンドが近いといえますが。
<< なめこ 最後の家族会 >>