ボイスパーカッション

f0069883_7571752.jpg

7月14日・南三陸(旧志津川町)の中心部。ここに建物が立ち並び、人々が戻ってくるのはいつの日だろう。

f0069883_7594665.jpg















志津川病院あと
4階まで浸水、たくさんのかたが亡くなった。

f0069883_823759.jpg
















改装進む石巻N邸・情報ステーション

***
19日

高校生に夏休み前の最後の授業
修学旅行であちこちで歌ってきたので、声に厚みが出てきた。自信がついた、ということだろうか。
広島市で少人数アカペラを指導している今野地塩君(卒業生)がきてくれて、アカペラの魅力を熱く話してくれた。特にボイスパーカッションの実演には生徒たち大喜び。

**
関西電力でも節電
む?

節電はいいことだけど、この裏には何かあるぞ、きっと。

「原発が稼動していないと、こんな目にあうんですよ!」といわれているような気がしませんか。

関西で、節電発表前とあとの原発容認率の変化を調べてほしい。
とりあえず火力やほかの電力をフル稼動すれば、急場はしのげるという説もあり、真相を知りたい。

人の声で代わりができるのだ。アカペラで生きるのもいい。
[PR]
by oguni-folke | 2011-07-21 08:13
<< 建築の準備 壊れない愛 >>