草平君の選んだ学校

f0069883_12184317.jpg


こんな本が出版されました。
書いたのはうめ子先生シリーズを撮り続けた佐々木征夫さん(もと日本テレビ)私たちの友人でもあります。草平君はゴーバルの桝本夫妻の次男坊。
愛真高校は、独立学園の姉妹校として、20年少し前に島根県にできた小さな学校です。

***
草平君の選んだ学校
愛真高校 日誌

佐々木征夫 著 出版社:教文館 価格:1,575円(税込)

内容詳細

義務教育9年間を不登校で通した少年に「ぼくも行ってみたい!」と言わせたのは、丘の上にある“日本一小さな高校”だった――。

“100歳の高校教師”としてテレビで紹介され、日本中で大反響を呼んだ「うめ子先生」。その、うめ子先生のひ孫・草平君は、小・中学校の義務教育9年間を不登校で通したが、姉があまりに生き生きと高校生活を謳歌しているのを見て、「ぼくも愛真高校に入りたい!」と自ら進学を決意した。

草平君をキーパーソンに、〈聖書と労働〉を軸としたキリスト教愛真高校の教育と、若者たちの伸びやかな生活を綴る、心温まるドキュメンタリー!

**
大石沢でおなじ班の高橋ハナヨさんが今朝亡くなった。この班では最高齢の女性だったけれど、ついこの間まではお元気だったのに。
[PR]
by oguni-folke | 2011-06-02 12:17
<< 書けないことの中に わらび採り >>